アジアクエスト株式会社 採用サイト

Recruit Site

Entry
俺が背中を押してやる

部長 / 2015年入社

小畠 芳紀
  • 自分らしく
  • 事業責任者
  • 福岡

新たな挑戦の道にDXあり

現在の主なお仕事について教えてください

私の仕事としては、デジタルイノベーション部という部門のマネジメントになります。この部門はIoTの自社プロダクトを扱うグループと、クラウドソリューションを扱うグループの2つから成り立っていますので、メンバー数としては多い部門になりますね。

どういう経緯で今に至るのですか?

社長と前職が同じだったんです。彼が最初に独立するときから手伝った縁で、付き合いは長いですね。私自身が別のことをしながら手伝っていた時期もあるのですが、アジアクエストができた後に合流し、今は部長という立場で事業を束ねています。

長年の仲だからこそ、社長と考えがシンクロするところもあるでしょうね

そうですね。伸ばしたい方向を理解したら私なりのアプローチを出して、それを着々とやっていっていますね。任せられている面も大きいと思っています。

組織は今、どういう方向を目指しているのでしょうか?

元々は受託事業がメインでしたが、それだけでは更なる成長は望めないと思い、現在は自社サービスを持つことにチャレンジしています。簡単なチャレンジではないですが、何もしないと可能性すらなくなってしまいますからね。BtoBのお客様を主として、製造業、農業、自治体などの領域で少しずつサービスを広げています。

それはこれから向かう「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現と繋がる動きといえるのでしょうか?

そうですね。DXは今チャレンジを進めているクラウドサービスやIoTと親和性が高いキーワードなので、それが改めて経営メッセージに落としこまれたと思っています。私自身、この業界を長く歩む中で、時代ごとのキーワードには敏感になってきましたが、これからの方向にはDXが必ずあると思うので、今のチャレンジを続けていきたいと考えています。

DXの方向に向かうときに、何か注力されていることはありますか?

やはり、新しい技術、今後発展する技術といったものをうまくキャッチアップして取り込む必要があると思っています。ですので収益性は別にして、事業部としてできるだけ新しい技術にトライするようにしています。今はいろいろと試すのが大事な時期だと思いますので。

何か1つに特化する方向ではないんですね

当社のエンジニアは皆、新しいもの、挑戦できるものが好きなんです。運用をしている会社でもないので、レガシーなことは極力やらず、新しい領域を常にやっていく集団であろうとしていますね。自分たちで組み合わせを工夫したり、新しい技術を勉強したりということが社内でもどんどん進められていますよ!

チャレンジする若手の背中を押してやりたい

小畠さんにとってアジアクエストの魅力は何だと思いますか?

最大の魅力はスピード感でしょうね。このスピード感についていくためには日々勉強が求められますが、力はものすごくつくし、先見的な視野も持てる環境だと思います。評価の観点で言うと、「組織に対する貢献」と「個人の成長」という2軸で見ています。常に誰もが1段階上の目線で仕事ができるといいですよね。そうすると会社全体も伸びていくと思うんです。だから私は、できるだけ抱えずに任せるようにしています。若い人たちに発想してもらった方が、お客さんに刺さる可能性が高くなりますので、何か提案があればその背景を確認し、理解できたらすぐGoを出すようにしています。

現場から提案は結構出てきますか?

そうですね。ただどうしても技術屋視点、テクニカル目線での話が多いので、「事業としてはどうだろう」「お客さんの目線に立ったらどうか」と問いかけることはありますね。といっても、実行することで飛びぬけられる可能性がありますので、基本的には前へ進めるための確認です。

そういう発想を組織的に強化するための工夫などがあるのでしょうか?

あまり細かいことは言っていないですね。まず技術を伸ばしてほしいので、若手だったら1つの分野にまず柱を持ち、5年目くらいには2つ目の柱も持ってほしいという話はしています。そこから枝葉を増やすこともできますし、この分野は誰にも負けないというのを持てたら自信にもなりますし。スキルアップをすればお客様の信頼感も得られるし、お客様から認められることは組織成長にも貢献しますからね。社内でIoTサービスを自由につくれるようにしているのですが、若手の人も積極的にやっています。その結果、社内のあちこちにセンサーが転がっています(笑)。

実際、IoT領域でお客様の相談はどういうものが多いのでしょうか?

相談を頂くお客様は、私たちをクラウドの運用からIoTの開発まで幅広く対応できると認識してくださっている場合が多いですね。だからこそ「こういうことはできますか?」と構想段階で相談を頂く形が多いです。結果的に自社サービスをそのまま使う場合はあまりなくて、お客様の課題に合わせてIoTのシステム設計から始めることが多いです。ただ、自社サービスとしてつくっているものがあると、「この会社に頼めば少なくともこういう内容は実現できる」と信頼される効果はあります。またスピードの早さでも特徴を出していこうと思っています。 どの業種のお客様でも、IoTやクラウドを避けていると淘汰されてしまうことへの危機感は持っていらっしゃるのではないでしょうか。新しい分野を積極的にやっていれば、プッシュせずとも問い合わせを頂ける機会が増えていくと思っています。

圧倒的なスピード感でDXを席巻する存在へ

5年後10年後を考えると、どんな変化が起こっていくのでしょう?

DXというのは、お客様のビジネスによい結果が生まれていくような役割だと思っています。私たちはそこを支援し、お客様のビジネス成長を支援していく会社でありたいですね。それが技術面なのか、コンサルティングのようなことになるのか、何かのプロダクトなのかはわかりませんが、高い技術力を持ったプロフェッショナル集団ということは変わらないと思います。最近相談も増えてきているのですが、日本だけではなく、海外での展開ももっと伸びていくと思います

正直、他社もDXには皆注目していると思いますが、どういう強みがあるとお考えですか?

AI、IoT、フィンテックとかブロックチェーンとか…このあたりは着々と企業が導入していますよね。AI1つでもいろいろなエンジンができています。でも結局は、どういうソリューションにするか、どう活用するかというところに尽きるのではないでしょうか。お客様とともにそこを考えて形にしていくことについては、当社は相当スピード感をもって対応できます。トライ&エラーで取り組みやすい環境ですからね。もちろん当社では対応できない規模感もあります。そこは協業も含めていろいろな可能性があると思っています。 システム業界も様々な会社があり、レガシー的な案件はいくらでも頼める先があると思います。でもDXになったら頼めるところが限られてくる。その先端の1社が我々でありたいですね。すでに今IoTの実績や事例が増えてきているので、これを具体的に示せることは訴求力の1つだと思っています。今後はさらに溜まったデータをAIに展開し、効率性や効果性を示していけたらと考えています。

ご自身は今後どんな方向を目指しているのでしょうか?

私は企画畑が長かったし、企画視点で考えるのが得意なので、新しい観点を見つけてあげることにおもしろさを感じています。メンバーから話を聞いて、「そういう話ならこう見せたら刺さるんじゃないか」とか「ここに近づけてみたらいけるんじゃないか」という視点で実現を手伝っていけたらうれしいですね。そのためにも、時代の変化にアンテナをたてて、今手をつけておくべきこと、今試しておいた方がよいことなどを社内で発信するような役割を担っていけたらと思っています。
Entry

Others

その他インタビュー